泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同窓会ニュース  1 2 3 4 5 6 7  8 9 

2004年5月掲載
碁泉会のこと
碁泉会は囲碁を通して附属大泉中学校の先生と父母の親睦を深める会として発足し、今年で創立35年を迎えます。
 現在の会員は現職及ぴOBの先生、在校生及ぴ卒業生の父母、そして附属中学の卒業生が参加し、会員は約30名で年に3回定期戦を開催しております。会場は豊島園近くの練馬区立向山庭園を利用し、毎回20名程度が参加、腕前は5段以上の高段者から級クラスまで持ち点制により対局しています。

対局後にはビールを飲みながら懇談しますが、囲碁ばかりでなくしばしば子供(附属中卒業生)のことが話題になったりします。
 碁泉会創設時のメンバーである中西晃先生が昨年から会に戻られました。
 また、碁泉会有志で毎木曜(学校行事のあるときを除く)中学に碁の指導に行っています。

ここに掲載した写真はその時の様子です。
前列は囲碁部顧問の石川先生、五十嵐先生、および生徒、後列は碁泉会のボランティアで中央は近藤實先生です。

お問い合わせ、参加ご希望の方は碁泉会幹事 斉藤 襄
ns6194@mvg.biglobe.ne.jp
にご連絡ください。
2004年5月掲載
武田佐知子さんの紫綬褒章受賞を祝う会
 昨年12月都内で、15期、武田佐知子氏(大阪外語大教授)の紫綬褒章受賞を祝う会が盛大に催された。
 氏はすでに、古代衣服制の研究等で、サントリー学芸賞、浜田青陵賞を受賞している歴史学界のホープ。早稲田大学卒業後、付属大泉中の社会の講師をしていたこともあり、そのときの教え子を初め、大学の教え子、付属中の時の担任の歴史の先生、新妻俊次先生や、恩師の方々、また現在書評委員をしている朝日新聞社の方たち、主賓として三木睦子元総理夫人など多彩な顔ぶれで、同期生や教え子など附属大泉中学校関係者もたくさん出席した。 


 氏の人柄によるものか、終始にぎやかに、笑いの絶えない非常に楽しい会であった。最後には家族の紹介挨拶もあり、今日の氏を支えた人たちの協力ぶりも伺えて、めでたい限りであった。 


15期三原千砂子
2004年5月掲載
医師会の中のミニ同窓会
 偶然、坂戸鶴ヶ島医師会(埼玉)の副会長東先生が大泉の大先輩と知り、先生を囲んで医師会の中のミニ同窓会を3月10日に開きました。
 メンバーは4期東 成、16期小林みどり(丸木)、17期藤岡むつみ(丸木)、18期井伊京一郎、34期菅野雄介の5人です。5人とも専門の科は違いますが同窓生ということで打ち解けて楽しい会になりました。楽しすぎてちょっと飲みすぎてしまいました。
 この会は続けていきたいと全員一致で決定、次回は4期石井道夫先生(飯能医師会)にもお声をかけようということになりました。
17期 藤岡(丸木) むつみ
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.