泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同窓会ニュース  1 2 3 4 5 6 7  8 9 

2007年12月掲載
碁泉会秋の例会
碁泉会秋の例会
碁泉会秋の例会は9月30日(日)練馬区立向山庭園にて行われました。
当日は庭園主催の秋の月見の会が計画されていたためあいにくの雨天でしたが茶会などもあり大勢の方が来ていました。
中西先生、近森先生がご出席され、また、春に胃の手術をされた高橋さんも久しぶりに参加され、15名が碁を一日楽しみました。

成績は、以下の通りです。
優勝・・・富山さん 4勝0敗
2位・・・柏村さん 3勝1敗
3位・・・山本さん 3勝1敗

次回の08年新年例会は1月27日(日)の予定ですが、予約ができましたらご案内をいたします。
碁泉会幹事 齊藤 襄
2007年6月掲載
母校の囲碁部指導
集合写真
今年度も碁泉会(保護者と先生の会の碁会)有志による母校の囲碁部指導が始まりました。
週1回が原則ですが学校行事と重なることもあり実際は月2回程度の指導です。2時半から5時までで、第1回目の5月21日(月)には3年生2人、2年生3人が参加しました。
新しくスタートした附属国際中等教育学校の1年生の新入部員はいないとのことで少し残念です。10月にも入部の機会があるとのことなので担当の石川先生に勧誘方をお願いしました。囲碁は日本の伝統文化であり、今や柔道と同様世界各国に広まっています。今年も5月28日(月)から4日間、東京で世界アマチュア囲碁選手権戦が開催され68カ国の選手が参加します。母校に入るときははスリッパに履き替えていましたが、靴のまま入って良いとのことでこんなところにもちょっぴり国際化を感じました。当日は好天で、テニスコートでは大勢の生徒がテニスを楽しんでいました。

近藤 士郎
2007年3月掲載
碁泉会新年例会および年間成績
碁泉会
碁泉会(保護者と先生の会の碁会)新年例会が1月28日(日)、新年の華やかな雰囲気が残る向山庭園で開かれました。
向山庭園は西武池袋線豊島園駅下車徒歩2分、豊島園に隣接した練馬区立の庭園で、年3回開かれる碁泉会の例会場になっています。昭和初期の江木鉄道大臣の邸であったといわれ、昭和55年5月の開園です。池や茶室のある和風庭園でお茶会、句会、碁会などに最適で、立派な碁盤が備え付けてあります。
新年例会は参加者16名、中西晃先生が4勝0敗で優勝、準優勝は同じく4勝0敗で世話役中島秀至さん、3位は寺沢末一さんでした。


2006年度年間成績も披露されました。
6月4日春の例会は参加者18名、優勝:樫本健治さん、準優勝:近藤實先生、3位:鈴木武さん。
9月24日秋の例会は参加者15名、優勝:世話役齊藤襄さん、準優勝:山本昇さん、3位:鈴木武さん。
年間最多勝は9勝3敗の齊藤襄さん。
前年度までは参加者は毎回20名を超えていましたが、ここ数回減少傾向で寂しい思いをしています。毎回泉旺同窓会会員も参加しています。皆さんお誘いあわせの上、この優雅な庭園での碁会にお出かけになりませんか。
お問い合わせは
齊藤襄 Tel/Fax 03-5994-7274 E-mail:ns6194@mvg.biglobe.ne.jp まで。

近藤 士郎
2006年12月掲載
母校の囲碁部指導
碁会の様子1
碁会の様子2附属大泉中学の先生と保護者の親睦をはかる会として碁泉会があります。
現職の先生方は、昨今の多忙な教育環境から碁どころではなく、碁泉会は退職された先生、卒業生の保護者が中心で、ほかに卒業生、碁の好きな新入生の保護者が会員です。附属大泉中学には囲碁部がありますが、指導する先生がいません。附属高校の女子は2004年の全国大会で団体の部準決勝まで勝ち進んだ強豪です。わが附属大泉中学もそれに続けと碁泉会の有志がボランティアで指導にあたっています。運動部との掛け持ちの部員が多いので週1回の活動日に集まる部員は3人前後、しかも学校行事で開催できない週もありますが1対1の個人指導で実力アップをはかっています。
近藤 士郎
2006年12月掲載
56回エラーズ大会
56回エラーズ1
下記の写真をクリックすると拡大します
56回エラーズ2 本年で56回を数えるエラーズ大会は、10/7(土)があいにくの雨天のため、10/21(土)へ順延となりました。水入りで会員の士気が下がるのではとの運営サイド(役員)の心配をよそに、当日は30歳代~70歳代の50名を超える会員の参加があり、さらに応援に駆けつけた家族が60名以上と、賑やかな大会となりました。本年は新企画の子供向けのアトラクションが大好評で、楽しい時空を家族で共有する事が出来ました。試合ではお父さんの雄姿に、一投一打、大きな声援が飛び交う楽しい大会となりました。

56回エラーズ3参加4チーム(小学/中学・高校/OB/教官チーム)の総当り制で行われた大会は、小学チームの7年ぶりの優勝で幕を閉じました。また、我がチーム独自の「エラーズ大賞」(対戦チームの優勝に最も貢献してしまったプレイヤーに授ける名誉ある?賞)は教官チームの7打席連続3塁ゴロを無駄に記録した先生(名誉のため名前は伏せさせて戴きます)が受賞されました。表彰式では、拍手喝さいのなか最も豪華な賞品が授与されました。

野球は筋書きの無い喜劇ドラマ!

56回エラーズ4野球の上手なお父さん、また、そうではないお父さん。まだまだ若いお父さん、そうでもないお父さん。そして教官の先生方。参加者の誰もが、白球を追っていたあの頃の少年の笑顔に戻ってしまうのです。

エラーズでは、随時そんな仲間を募集しています。

私ども“エラーズ”のHP:http://www.errors.jp へも是非お立ち寄り下さい。

また、ご意見・ご感想等が御座いましたらkaicho@errors.jp までお願い致します。

平成18年度エラーズ会長 村山友一
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.