泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同窓会ニュース  1 2 3 4 5 6 7  8 9 

2009年3月掲載
碁泉会
「碁泉会」は附属大泉中学校PTAおよび卒業生の碁会です。
2008年度最後の例会が2月1日(日)練馬区の施設「向山庭園」で開かれました。当日は2月にしては珍しく温暖無風の好天のうえ年間最多勝利者賞がかかる大会とあって参加者が20名、久しぶりに賑やかな春の例会となりました。

当日の優勝は4勝0敗の山本さんでした。昨年傘寿を迎えられたとはとても見えない中西先生は碁も若々しく、10歳近く年下の3期生2人および強豪を相手に4勝0敗でしたが惜しくも準優勝でした。最多勝利者賞は今回3勝、年間10勝をあげた大正生まれの寺沢さんが獲得されました。若手の奮闘が望まれます。附属中学の卒業生は8名(1期生3名、3期生4名、4期生1名)参加、初参加は1期の相原寛さん、近藤紀美代(3期近藤の妻)でした。対局後の懇親会の席では今年3月卒業の60期生が附属大泉中学最後の卒業生であること(以後国際中等教育学校に統合・再編)、近森先生からの教え子の近況などが話題に上りました。
次回は5月24日(日)の予定です。PTA、卒業生のご参加をお待ちします。
参加ご希望の方は幹事
斎藤 ns6194@mvg.biglobe.ne.jp までご連絡ください。                         
近藤 士郎(3期)
2009年1月掲載
泉旺同窓会総会、懇親会
 2008年10月18日(土) グランドプリンスホテル赤坂の40階「トップオブアカサカ」にて、総会および懇親会が開催されました。来賓には茂木先生はじめ歴代の先生方8名、池田附属大泉中学校校長先生、高橋附属大泉中学校PTA会長、福元附属高等学校大泉校舎同窓会会長。

会員は1期から31期まで61名、役員は12名の出席でした。

午後2時から松本副会長の司会で総会が始まりました。

活動、会計報告。活動方針、予算報告。規約改正。役員改選。会長挨拶と進みました。
途中活発な質疑応答もありました。詳しいことは「幹事会だより」「諸手続き・規約」をご覧ください。


3時より、司会が市吉理事に変わり、懇親会が始まりました。今回の懇親会の趣旨は「母校に感謝する」というものでした。壁には懐かしい入学式、卒業式、修学旅行等の写真パネルが飾られ、テーブルには20年、30年、40年のあゆみが自由に見られるようになっていました。貴重な同窓会ニュースや文集、アルバムもありました。

来賓の挨拶、先生方より一言いただき、茂木先生の音頭で乾杯!しばしおいしい料理、お酒を味わいつつ、会員同士の歓談の時間となりました。

1期の鈴木桂子さん、22期の大畑郁子さんに大泉の思い出を語っていただきました。

最後は21期上木多加志さん指揮、22期長谷川寿美子さん伴奏で校歌「緑陰深き」を歌い、閉会となりました。名残惜しい期は、2次会、3次会をしたようです。

次の総会は3年後となります。どうぞ皆様お元気で、またお会いできるのを楽しみにしております

写真をクリックすると拡大します
もっと写真をご覧になりたい方はこちら
2008年11月掲載
ご挨拶
 泉旺同窓会会員のみなさま。10月18日の同窓会総会でご承認をいただき、今月から会長をつとめることになりました8期卒業の堀江礼一です。どうぞよろしくお願いします。
 東京学芸大学附属大泉中学校の名前は、来る2009年3月に最後の3年生(60期生)が卒業すると同時に消滅し、泉旺同窓会は母校なき同窓会になります。実際には、附属大泉中学校を継承するかたちで、附属国際中等教育学校が2年前の4月に誕生しました。そして、3年半後にはその学校から独自の卒業生が巣立っていきます。そのとき泉旺同窓会は、彼らとどういう関係になるのか、さらにまた、3年後には中学同様に消えていく、附属高校大泉校舎の同窓会との関連はどうすればいいのか、これから泉旺同窓会はその運営上、大きな視野を持った考え方が必要とされるようになります。
 泉旺同窓会の大きな転機に当たるときに、私がこの任務を引き受けることはいささか荷が勝ち過ぎることではありますが、同じ学校で学んだ同窓生の交流を活発化させるため、みなさまのご協力を得て、この組織をよりよいものにしていこうと決意いたしました。
 思えば1期生が入学したのが戦後間もない昭和22年のこと。それから60年、平成の世までこの大泉のキャンパスでのびのびと学び、かつ遊んだ卒業生は、いま泉旺同窓会の会員として8000人を超えようとしています。
 長年にわたってこのキャンパスに培われた附属大泉中学のおおらかで自由な精神は、これから校名が変わっても引き継がれることを祈り、そして、その卒業生もまた大泉の地を愛し続けることを心から願いながら、この同窓会を存続させていこうと思っております。会員のみなさまに、ひきつづきご支援とご協力、そしてご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。
泉旺同窓会会長 堀江礼一(8期)
2008年9月掲載
碁泉会
「碁泉会」は附属大泉中学校PTAおよび卒業生の碁会です。正月、春の例会、秋の例会と年3回開催しています。今年の春の例会は5月25日(日)、豊島園駅近くにある「向山庭園」で行われました。当日は小雨で囲碁日和?でした。参加者は17名。初参加は1期生の小保方恒雄さんと13期生の糸井恵子さん。

小保方さんは泉旺同窓会のホームページを見て、糸井さんはクラス会で中西先生のお誘いをうけての初参加でした。数年前附属中学生と附属小学生姉妹がお父さんと一緒に参加したことがありましたが、久しぶりの女性棋士の参加で会は盛り上がりました。優勝は4勝0敗の樫本さん、2位同じく寺沢さん、3位同じく高橋さんでした。


秋の例会は9月28日(日)「向山庭園」で開催します。参加ご希望の方は幹事
斎藤 ns6194@mvg.biglobe.ne.jp までご連絡ください。 
                          
近藤 士郎(3期)
2008年3月掲載
碁泉会秋の例会
碁泉会
碁泉会新年例会が開かれました。

1月27日(日)、恒例の「向山庭園」(豊島園にある練馬区の施設)の和室で開かれました。当日は常連の中西晃先生に加え久方ぶりに増田信一先生がお見えになりました。参加者は16名で午前10時から午後3時頃までハンデ戦で各自4回対局し、終了後、碁盤を片付け表彰式と懇親会を行い、勝って驕らずの勝者の弁をはじめ歓談のひとときを過ごしました。

 成績(上位3位の入賞者)は以下のとおりです。
 優勝 佐竹さん      (3勝1敗)
 2位 田中(堅太郎)さん (3勝1敗)
 3位 鈴木さん       (3勝)
 また、年間最多勝利者賞は9勝の鈴木さんとなりました。

 次回の予定は次のとおりです。
         日時   5月25日(日)
         場所   向山庭園

参加ご希望の方は幹事齋藤までご連絡ください。
電話・FAX 03-5994-7274
E-mail : ns6194@mvg.biglobe.ne.jp


碁泉会の概要
  附属中の先生とPTAの保護者で囲碁を通して親睦をはかる目的で設立され、今年で約35年になります。
現在会員は旧職員(中西、増田、近森先生)、旧PTAの保護者(祖父を含む)に加えて、附属中の卒業生など合計約30名、棋力は6段程度の高段者から級位者までとなっています。入会金等は不要、年3回の定期的な例会(会費4千円、賞品、昼食と対局後の懇談会費含む)と、時々泊まりがけでの特別会も開催しています。
例会は各人がそれぞれの棋力に応じた持点により勝つと1点増え負けると1点減るというシステムで4戦対局し、それぞれの順位の賞品がでます。
碁泉会幹事 齊藤 襄
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.