泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同期会レポート  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

22 23 24 25 26 27 28

2003/10/25
第4期 げんき会
写真をクリックすると拡大します
 「げんき会」を卒業50年の節目に開催
 付中が4期、付小が11期の私達は、卒業以来一貫して付中・付小合同の同期会を開催しています。いつの頃からか同期会の名称も「げんき会」となり、65歳を超えた現在も元気な顔を揃えています。また、その際はご指導いただいた数名の先生方を必ずお招きし、80歳近くになられても変わらずお元気で毎回参加してくださいます。
 「げんき会」は大体2年に一度開催され、その他にも随時、コンサートや転勤等と理由を見つけては、かなりの人数が集まって親睦をはかってきました。また、5年に一度位は泊まりがけで旅行をしてきたのも特色といえるかもしれません。
 さて、付中卒業50年の記念すべき今年、10月25日(土)に「げんき会」を開催しました。参加者は飯田先生・川田先生・山下先生と付小の岩沢先生をお迎えして総勢47名でした。青学会館(青山学院大学交友会館)で一次会、更に二次会へと盛り上がったことはいうまでもありません。私達生徒の方は、既に大半が仕事も卒業してフリーになっていますが、卒業以来初めてという参加者や、遠くは愛知県から駆けつけた人、この日が誕生日というおめでたい人もいて、積もる話がはずんで4時間があっという間に過ぎていきました。
 「げんき会」はこれからも強い絆を大切に、仲良く、いつまでも「元気かい!」と声をかけ合えるよう、頑張っていきたいと願っています。(昭和28年卒・大年記)
2003/6/7
第19期 同窓会
 今年も附属大泉中学19期の同期会を、6/7(土)に新宿・モノリスで開催しました。
担任の四先生(大川先生、志村先生、茂木先生、若林先生)に加えて、新妻先生、 野澤(赤壁)先生にもお越しいただき、総勢で43名の出席となりました。
今回は、テニス部のメンバが中心となって幹事を務めて準備を進め、当日の司会進行役は木川さんにお願いし、おいしい料理とお酒をいただきながら、先生方のご挨拶、出席者の一言スピーチ、最後には、懐かしい校歌の斉唱で、楽しい一時をしめくくりました。
 次回もまた、多数の皆様のご参加をいただきたいと思います。会の模様につきましては、
以下、今回幹事の皆様に寄せていただいた感想と、同封の写真とで、ご想像ください。
なお、名簿のエクセルファイルをご希望の方は、電子メールで武田( takeda563@oki.com )までご連絡ください。
<田中勝己さんの感想文>
最近4年間では恒例となった付属大泉中19期の同期会。ほぼ毎年参加頂いている茂木、志村、大川、若林の各クラス担当の先生がたに加え、今年新たに新妻、野沢(赤壁)の両先生に参加を頂くことができた。19期は両先生にとっても特別な学年であったようで、想い出深く参加者の一人一人と話が進んでいる様でした。会うとその場で瞬時に昔に戻れるのは何にも増して嬉しい事です。名前と顔の一致の為、次回は名札をつけたら、という提案があり検討の余地ありと思います。昔の写真も一緒につけておくと、その変貌ぶりに40年近くの歳月が感じられて、さらに昔が懐かしくなるやも。先生がたとの年齢差が誤差に入りつつある19期でありました。記念品も差し上げる事が出来、多くの同期に御参加頂けたこと、幹事としてただ感謝の一言です。先生がたからの御挨拶とともに同期の近況報告がされ、あっという間に3時間が過ぎて行きました。振り返って、記憶の中の大泉中は、古い木造2階建ての校舎、中庭のヒマラヤ杉、雨で大きな泉と化す広い校庭、端の松林テニスコートにバレーコート、体育館、(そして良き友)極めて恵まれた環境でした。今では夢のような世界が当時は実在していたのです。昔がことのほか美しく見えてしまう私でした。皆さん、声をかけあって同期会に足を御運び下さい。一緒に年金の危機と老後について語りあいましょう。
<竹中直子さんの感想文>
今回は19期担任の先生方に加え、新妻先生、野沢(赤壁)先生がご出席くださいました。
新妻先生のスピーチは35年前の授業と全く変わらず、鋭く、シニカルでおもしろく、赤壁先生の周りは男の子(?)がドッと取り囲んでいました。お元気で昔と変わらず温かい先生方、35年たっても気持ちだけは変わらない同期の方々と過ごせた楽しいひとときでした。
<瀬畑夕美子さんの感想文>
私たちも50代になりました。昨年も逢った人、久々に逢う人。我等の四先生の他、新妻先生と野沢先生も参加して下さり、楽しく、懐かしい貴重な時間でした。先生が、私たちより小さく見えたのは、時の流れの証でしょうか?
<武田の感想文>
一年に一回の同期会。定着してきた感じでしょうか。今回は、40名を超える皆様に参加していただきました。毎回、新しい(久しぶり)顔の参加者もあったりで、新鮮にも感じます。仕事柄、半導体メモリ-を扱っていたりするのですが、人間の記憶力というのは、最先端の電子部品をはるかに凌ぐ、素晴らしいものです。お集まりの皆様、30年以上も歌ったことのなかった、「緑陰深き」や「秩父の山なみ」を思い出して、歌うことができるのですから...
2003/11/1
第6期 同窓会
写真をクリックすると拡大します
 6期生は卒業後の昭和31年から毎年のように2クラス合同の会を催しており、30名近くのメンバーが集まりますが、中には毎年海外から帰国して参加しているクラスメイトもいます。平成7年には卒業40周年記念の「センチメンタルジャーニー」と称して修学旅行を模した八幡平・十和田湖方面旅行を挙行しました。
今年は11月1日、担任であった山下政太郎先生と体育担当の川田清八先生をお迎えして、現在連絡のとれる90余名中34名の熟男・熟女(全員老年ではない!)が新宿のレストランに集まりました。50年前のあだ名で呼び合いながら思い出話や近況報告とビンゴに興じる様子はまさにあの頃の中学生に戻った楽しいひとときでした。そしてアッという間の3時間が過ぎ、クラスメイトから寄付された婦人物セーターを抱え夜の街へ、二次会へと消えて行きました。毎年このように懐かしい顔と出会い、童心に返ってワイワイガヤガヤ、そんな会が続いています。
他にもゴルフ同好者が集まって年に数回芝刈りにいそしんだり、クラスメイトの農園に集まり季節ごとの野菜を育てながらミニクラス会のようにおしゃべり等々、相変わらず仲の良い6期集団です。
来年も11月6日(土)に開催の予定ですが、再来年は卒業50周年を迎えるので、2名の常任幹事+2名の年度幹事に特別幹事を加え、楽しく盛大なイベントを企画致します。 乞うご期待 !
写真をクリックすると拡大します
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.