泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同期会レポート  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

22 23 24 25 26 27 28

2008/11/08
第16期生同期会
写真をクリックすると拡大します
 第16期生同期会が11月8日、学士会館でありました。
私達アテネ組幹事は、3ヶ月毎の集まりで培ってきたチームワークの良さを発揮し、会を成功裡に終らせたのでした。
アテネ組とは、2004年アテネオリンピックの年に開かれた同期会の時、幹事になったからです。
 会は4年間にお亡くなりになられた方々への黙祷から始まりました。
「コンチ」こと近藤先生は2007年4月にご逝去されました。
句集「四時觀望」や、コンチ自ら計画して下さった<コンチツアー>等、忘れられない笑顔と共に多くの思い出を遺して下さいました。 同期生お二人の早すぎる死は現実として受け入れ難く、私達は残された時間を大切に生きなければと思います。
 出席者41名の点呼を相沢先生にお願いし、名前を呼ばれた生徒は大きな声で返事をしました。
担任の先生方の中で唯お一人のご出席となってしまわれましたが、81歳の先生は44年前を彷彿とさせる語り口で現在の心境等をお話になられました。
最近では先生と有志数名で「浜離宮恩賜庭園」や「城ヶ島」へ行きました。 ご専門の植物や岩石についてご説明頂き、さながら試験のない課外授業を受けているようで楽しいひと時でした。 特筆すべきは先生の健脚ぶりで、私達はフーフー言いながら先生の後について行きました。
 鳥谷先生は現在養護施設に入っていらっしゃいます。 毎月有志がお見舞いにお伺いしています。
ご不自由なお身体でも前向きに生活なさっている先生のお姿を通して尚私達は多くの事を学ばせて頂いております。
 さて、久し振りにお会いする同級生、遠くハワイから、又、京都からはお着物で来て華を添えて下さいました。 ご病気を抱えてご出席の方々を案じておりましたら、ユーモアのあるスピーチで皆を和ませて下さり感動する場面もありました。
 会場のスクリーンに映し出されたりボードに貼られた、先生も生徒も若かった頃の写真を見ながら、4年後の再会を北京組幹事に託してお開きとなりました。
2008/10/31
岩佐さん公演「馬頭琴の調べにのせて」を鑑賞しました
6月の本ホームページ掲示板でお知らせした、4期生岩佐光世(旧姓平石)さんの朗読と、モンゴルの民族楽器「馬頭琴(二胡)」の名手チ・ブルグットさんご夫妻演奏のコラボレーションが、去る10月31日午後、青山学院大学IVY HALLで開催されました。会場は240名の聴衆で満員の盛況。そのうち泉旺会会員は約30名の参加でした。夕方からの懇親会でも楽しく旧交を温めました。

岩佐さんはテレビ局アナウンサーの経験を生かして、美しい日本語の話し方を指導する他に、「ことば工房」の主宰者として種々の朗読活動を続けています。今回は三部構成で、「江戸に生きた女たち」をテーマとする朗読と、ブルグットさんご夫妻の馬頭琴の演奏、そしてモンゴルの詩を岩佐さんが朗読し演奏との珍しい共演など、2時間半にわたる熱演に観客は酔いしれました。
 さて、コラボの印象について、多才な趣味を持ち、特に俳句愛好者としても活躍中の同期・筒井カヨ子(旧姓藤岡)さんに記してもらいました。写真と共にご覧ください。
写真をクリックすると拡大します
感想文  研ぎ澄まされて
筒井カヨ子
  吉原の遊女の夢とうつつを駆ける妖かしの世界に遊んだのは、ある秋の午後。岩佐さんに導かれ、観客は朗読の強さと趣に酔うことになる。海野弘の「狐嫁」の遊女菊弥の夢は、花嫁になる事。その為に五十両の金を貯めたと言う。読み手は、可憐で優しい遊女の情念と艶めきの言葉を放ち、観客は、郭の男女のやり取りに引き込まれる。市井の片隅で、強かに生きる女の絶望と生き様が、遊里の喧騒を奏でるBGMに浮ぶ。やがて、狐に騙された男の様に、妖かしの世界を彷徨った事を知る。ふと、緋色の風が抜けたようだ。

  群れ立ちて曼珠沙華とはをんな花

風と言えば、観客はモンゴルの風の中に立っていた。馬頭琴と詩のコラボであり、二弦と弓との響き合いに魂を奪われた。馬頭琴の甘く哀しい調べは、遊牧民族の祈りも、草原の恋も、大地を駆ける馬のひずめの響きも、若草を渡る風と光をも表現する。又、一編のモンゴル語の詩の朗読に、頭韻脚韻を感じながら、国境を越えた言葉の美しさに陶酔した。言葉と音に研ぎ澄まされたのである。 

  秋麗の二弦泣く日を青山に
2008/10/25
二期会 2008年総会及び懇親会
写真をクリックすると拡大します
 平成20年10月25日、新宿・ワシントンホテルにて、中西・茂木両先生をお迎えして、出席者31名で開催されました。
 例年通り、鈴木 中さんの司会で、年次報告他をし、池上規子さんのバードウォッチングの講演に、新しい楽しさを私達は身近に知りました。
 懇親会では、スクリーンによる映像記録、両先生を始め、出席者の遠方順、久し振りの方、あとは指名の方々のお話で盛り上がりました。皆、各々好奇心に満ち、活発で、前向きな日々の活動を彷彿させる内容でした。やはり、附属の教育が原点にあるのかと、母校(校舎は師範学校の学生寮を直して作られたものでした・・・・・)に思いを馳せました。大変賑やかな楽しい会合でした。
 なお、石井会長のご容体の回復と叙勲を皆で喜び、お祝いについては幹事に一任と云うことになりました。
 来年も皆様の御出席を期待しております。  
二期会 鈴木千華子
2008/06/20
三期会開催
写真をクリックすると拡大します
 三期会を6月20日(金)、芝公園のホテル、ザ・プリンス パークタワー東京33階スカイバンケットにて開催しました。
 今年は初めての平日(金曜日)開催でしたが、当日は中西晃先生、山下政太郎先生をはじめとして41名が出席されました。両先生とも、概ね12支6廻り(72歳)の私たちと年の差が感じられないほどに若々しくお元気なご様子でした。東京タワーを背景にしての記念撮影後の同ホテル内のティールームやカラオケルームでの二次会も大いに盛り上がりました。2年後の幹事には、生野君、大村君、高橋(滝田)さん、平野(豊田)さんにお願いしました。
三期会幹事  金子榮一
                              関場昭徳
                              大橋朋子
                              野中賀子
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.