泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同期会レポート  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

22 23 24 25 26 27 28

2010/3/13
8期同期会報告
写真をクリックすると拡大します
 私達の母校、附属大泉中学校の組織と名称が変わったのを機に、二年ぶりの同期会は、懐かしのキャンパスを見た後、大泉周辺で開くことを企画した。しかし現地は、新校舎建設の仕上げ段階でとても見学できる状況にない。またテニスコート、松林など昔の面影は全くない、と学校から情報を頂き、残念ながら大泉での開催は断念した。 
2010年3月13日(土)日比谷のビヤレストラン「うすけぼー」に、同期生29名が顔を揃えた。私達同期は110人が卒業したが、既に14人の友が他界している。その中で1/3に近い仲間が元気に集まり、賑やかに語りあえるのは幸せな話ではないだろうか。御出席予定の担任中西晃先生が、当日急な用件と重なり、欠席されたのは大変残念だった。しかし茂木良太先生、乾次男先生、山下浜子先生が、若々しく元気なお姿を見せて下さった。
 今回も返信用の葉書で近況報告をして貰い、それをコピーして当日配布した。懇談の時間を充分取りたいという趣旨から、スピーチの時間は用意しなかった。それでもマイクが次々と手渡され、重い病を克服した話、親や配偶者を介護している話、退職後趣味・道楽に打ち込んでいる話など、限られた時間の中で多くのスピーチが披露された。
 幹事をさせてもらい、ひとつ気になったことがある。同期会案内の通知が届いている筈なのに、毎回返信をくれない人がいることだ。難しい問題を抱えて、今は出席できないのであれば、それが解決した時に是非お顔を見せてほしい。
長年幹事役を引き受けてくれていた堀江礼一君が、同窓会の会長に就任した。幹事は持ち回り制となり、今回は川村(鴨下)修子さんと私筒井隆一が担当した。私たちの段取りで、皆様に楽しんで頂ける場をつくれたのは嬉しいことだ。世のため人のためになることは、達者なうちにやっておきたいと、つくづく思った。
 次回は、森本(岸崎)晶子さん、佐古琢磨君に幹事をお願いし、二年後に開催することを申し合わせ、お開きとなった。二次会も20名以上参加し、大いに盛り上がった。
筒井隆一・記
2010/3/27
16期還暦祝同期会
肌寒い晴天の3月27日土曜日、水上バス『東京水辺ライン』貸し切りナイト・クルーズによる第16期の同期会がありました。16期の同期会は毎回夏期オリンピックの年に行っていましたが、今回は全員が還暦を迎えるこの日、特別に還暦祝同期会として行うことにしました。
ただお一人になってしまった学年担任・相沢先生から、残念ながら奥様の体調が悪く不参加のお返事を頂いたのに加え、今日の日を楽しみにしながら、骨折で動けなくなった札幌在住の北村さんを始め、小澤さん、田代さん、車の渋滞で残念ながら間に合わなかった弓削さんの不参加は残念なことでした。
39名の参加者が、両国国技館前から船に乗り込み、思い思いに6人掛けの席に座ると、船が動き出しました。窓外には、ライトアップされた2,3分咲きの桜が・・・、東京スカイツリーを通る時には、武蔵の国だから634mに計画されたと、同席者の説明もあり、景色を楽しんでいると、軽やかな長谷さんの司会で、同期会幹事長・曽根原さんの開会の辞、野村さんの鳥谷先生と小野崎さん葬儀報告に次いで、塩崎さんが乾杯の音頭をとり、還暦同期会が始まりました。
中央のテーブルに並べられた大皿から料理を取り、席に戻る頃には、あちらこちらで笑い声が・・・。
小学校では喧嘩が日常茶飯事だったのに、附属中学に来たら先生に注意されてしまったとか、
臨海学校で遠泳して陸に上がったら足ががくがくしてうまく歩けなかったとか、中学時代の思い出に花が咲きます。
私の中に物静かな人という印象があった、ハワイから駆けつけてくれた小林さんは、「ゴルフ部を立ち上げました」とお誘いの声に、ゴルフではなくサーフィンをやっているとの返事。
中学時代には、クラスが違い話したことのない人とも話す機会が出来、記憶の彼方に行っていた思い出を引っ張り出し、少し脳の活性に役立ったでしょうか。
かちどき橋、ベイブリッジの下をくぐり、ネオンに輝く東京の夜景を眺めながら、話が弾みます。
ふと気づくと多数の人が船室外に・・・。えっ、どうしたの、と行ってみると、ビールの飲み過ぎか、話にあつくなったのか、涼みに来たとか。立ち話をしている内にあっという間に両国に戻ってきてしまいました。
船を下りたところで集合写真。フラッシュが焚かれない・・・と皆で心配していると、何とフラッシュ禁止にしていたとか。フラッシュが光り、集合写真が無事撮れた?時には全員の口から思わず安堵のため息が。
その後、「土間土間」で行われた二次会にも28名が参加。終電車にやっと間に合ったという人が続出する盛り上がりでした。
 16期幹事 曽根原勉、塩崎裕司、古川雅一、清厚二郎、野村純一
      竹之内美喜子、倉方みどり、長谷由子、源恭子
2010/4/13

1期会報告

写真をクリックすると拡大します

附中1期 同期会
とき   2010年4月13日
ところ  新宿三井クラブ
参加   茂木先生、飯田(河原田)先生、 1期生24名

卒業後63年ともなれば、会員104名(名簿上)のうち、さすがに他界者も19名、連絡がとれない人14名、健康上の問題などで出席できないひとも年々増えていますが、今回も24名が元気に集まりました。
茂木先生と飯田(河原田)先生が毎回楽しみにご出席くださるのも有難く、お二人を囲んで昔話に花が咲きます。
出席者の多くは美術・音楽・ゴルフ・旅行など、それぞれ多彩に趣味の世界を楽しんでおり、まさにプラチナ世代。
当日診療のため早退の医師を含め、〈いまだ現役〉もチラホラで、〈アラウンド75〉の1期生は健在です。今回欠席だった友の上に思いをはせつつ、「次回も同じ三井クラブで」と再会を約して、別れを惜しみつつ散会しました。


トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.