泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同期会レポート  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

22 23 24 25 26 27 28

2010/9月掲載
げんき会(付小11期・付中4期)の動き
写真をクリックすると拡大します
 付小11期、付中4期は「げんき会」と称し小中合同で集まっている。チト爺むさい名と思っていたが、中味もジジ・(??)ばかりの会になってきたので今では違和感はない。
我々が就学年齢に達した昭和19年「学童疎開促進要綱」なるものが閣議決定され、上野車坂の西町国民学校1年生だった私は、同年7月、1人広島の叔母の家に預けられた。縁故疎開である。一方付属の仲間の多くは、20年3月に群馬県の寺に集団疎開したと聞く。
 20年8月6日広島に原爆投下、8月9日に長崎に投下、そして終戦。この時期広島は全くの音信普通で、父が、せめて線香ぐらいはと姿を現したのは8月25・6日のことであった。朝から晩まで市内を歩き回ったものの親戚の消息は得られず、「負けた以上もうここにはいない」と言い張る私を連れて8月29日に広島を後にした。復員兵等で列車は大変な混みようで、途中何度も降ろされ、結局東京まで45時間以上もかかったが、3月の大空襲で車坂一帯は焦土と化しており、私にとって初めての地石神井に足を踏み入れたのは8月31日深夜であった。この時期付属はまだ疎開中で、転入を認められた私が通い始めるのは11月に入ってからである。我々は「疎開と転校(私の場合は4つの学校)」の世代であった。幼少期親元を離れて疎開したといういわば共通の生活体験を持つせいか、仲間意識は強く、卒業来よく集まっているが、還暦記念に計画された「修学旅行再現の十和田湖・奥入瀬の旅」(1997年)に26名参加したのをきっかけに、「初秋奥日光トレッキング」(2002年―24名)・古希記念「越後路錦秋の旅」(2007年―34名)と1泊旅行が続き、最近では、植物形態学が専門の仲間を講師役に植物探査会が企画されたり、いささか不純異性交遊的ではないかとの疑惑?が持たれている「麻雀と美食の会」いったものもあるようだ。いわゆる同期会の方もよく開かれており、最近は散策付きというものが多い。写真は2010年6月のもの、菖蒲園散歩会のみの参加だった1名を含め44名が顔を見せた。
4期 沖本平九郎
2010/5/21~5/23
14期生 アラ還お伊勢参りツアー
写真をクリックすると拡大します

団塊の世代14期生(昭和38年卒業)は、2年前の「還暦東北ツアー」の大成功に味をしめ、今年5月に2回目のツアーを催行した。名付けて「アラ還お伊勢参りツアー」。
「お伊勢さん」と「熊野古道」「那智の滝」が目的地だが、実は、前回ツアーで楽しかった「サロンバスと温泉宿」をセットにした、気のおけない同期生仲間のワイワイ旅行。
地元名古屋在住の高橋幹夫君が幹事長となり、旅行会社との折衝・調整に大活躍。女性の常連幹事保科真理子(旧姓染田屋)さんと小山治子(旧姓舟波)さんの強力布陣に、名古屋勤務のあった石川秀樹君の4人で、約5ヶ月をかけ、悩みながら、楽しみながら準備。連絡・相談には、メールが大活躍で、飛び交ったメールは300通を超えたとか。
今回は、前回ツアー参加者の大半に新顔5名を加え、堂々25名(男性10名、女性15名)参加のツアーとなった。

5月21日(金) 快晴。10時、名古屋駅前に全員集合。遅刻もなく順調な旅の予感。
名古屋からは大型貸切サロンバス。初日は一気に南紀勝浦を目指すロングドライブ。はじめこそ穏やかにスタートしたものの、じきに楽しいお喋りが盛り上がり、缶ビールも次々と開き宴会状態に。若いガイドさんの説明の視聴率は下がる一方。途中で「鬼ヶ城」に立ち寄る。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で、予想外のなかなかの景観を楽しみ、南紀勝浦温泉「ホテル中の島」へ。

サロンバスでは、幹事団の特別企画の一つ、「サロン・ド・アラカン」が開店。バニーちゃんの出で立ちの女性幹事二人が、フロア担当。大きな蝶ネクタイをした男性幹事二人が調理場の裏方。最近カクテルに凝り始めた石川マスターが、カクテル8種類とノンアルコール・カクテル5種類のメニューを用意し、3日間毎日開店の盛況。
夕食宴会は夕焼けに染まる湾内を見ながら始まり、海の幸に舌鼓を打ちながら賑やかに進み、そのまま二次会へ。「サロン・ド・アラカン」のバニーちゃんと蝶ネクタイはここでも引っ張りだこで、子や孫には見せられない光景。相変わらずの笑いの絶えない時間が過ぎていった。


翌日は、熊野古道散策と那智の滝。体力勝負の日。天候は晴、暑い。
「熊野古道 大門坂」の入り口から小一時間、杉木立の中の意外にきつい山道を、歳相応にユックリ登りながら熊野古道を満喫し、全員が無事踏破。そこから熊野那智大社・青岸渡寺へは石段をまた20分ほど登る。境内からは那智の大滝を遠く望めるが、滝つぼ近くまで行くと、圧巻。130m余の落差を持つ大滝の迫力にしばし感動。
お昼前に鳥羽へ向かう。夕方には二見ヶ浦の夫婦岩を散策し、思い思いに老後の平穏をお願いし、鳥羽温泉「鳥羽シーサイドホテル」へ。


夕食は、故水口元君への献杯でスタート。彼は前回の東北ツアーに元気で参加したあと、その年の暮れ、突然亡くなった。彼を偲びながらしみじみと始まった夕食は、神戸から参加の小澤恭子(旧姓平井)さんの誕生日祝いで、段々にリセット。誕生日が5月の竹口きよせ(旧姓森永)さんと菊池憲一君を加えてお祝い。次の旅行は自分の誕生日の頃にして欲しい、の声も出て、再び大宴会に。夕食時間を間違えてみんなを待たせた男性3名への罰ゲーム「告白!中学生の頃の同級生の思い出」や卒業文集「惜別」の紹介で、またまた盛り上がった。

最終日23日(日)は、いよいよお伊勢参り。朝から雨。
雨のおかげで、架け替えられたばかりの宇治橋は檜の香りに満ち、参道はしっとりとした佇まいとなり、穏やかで落ち着いた参拝となった。全員、善男善女に早替わり。
参拝後、おかげ横丁を自由散策し、「てごね寿司」の昼食でツアーの仕上げ。そこからサロンバスでの最終行程、名古屋駅に向かい、帰りの新幹線に乗車。無事、ツアーは終った。
後日談があり、雨の中、サロンバスが名古屋へ向かった高速道(鈴鹿付近)では、その数時間後に土砂崩れが起こり通行止め。お伊勢参りのご利益だと、幹事一同、胸をなでおろした。そんな幸運に恵まれながら、ご馳走ずくめ、笑いずくめ、騒ぎずくめでツアーを楽しく終えられたことに改めて感謝した。

石川秀樹 記
2010/6/5

19期同期会のご報告

写真をクリックすると拡大します

19期生の同期会は、毎年、6月の第一土曜日に開くことになっています。
今年は、アルカディア市谷(私学会館)で行いました。この会場は、利用したことがあるという方が、多いようで、何か別の思い出を持ち合わせて参加されたようでもありました。
茂木先生、志村先生、大川先生、若林先生、新妻先生にお越しいただき、総勢で37名の参加となりました。今回も、また、この集まりに
初めて参加したという方もいましたが、参加者の皆様には、楽しんでもらえたと思います。
以下は、今回の幹事を務めてもらった方々の感想です。

①19期の同期会幹事を久しぶりに担当しました。この会は年に1回開催していますが、あっという間の1年という気がするとともに、毎回新しい発見があります。今年も、おいしい料理を味わいながら、たくさんの仲間と楽しい話ができました。同期という気の置けない仲間との再会の機会を毎年楽しみしています。

②写真を見ながら楽しかった同期会を思い出ています。先生方のお元気なご様子も嬉しく、 またお手本にさせていただきたいといつもながら思います。皆さんのスピ-チを聞くのも 楽しみのひとつです。今回、幹事として他の幹事の皆さんに大変助けていただき,協力体制の 良さに感動致しました。

③楽しく会話がはずみ、ほとんどの方が二次会にも参加されました。この様なひとときを作る お手伝いが出来て嬉しく思いました。親の介護で参加できない方が多いそうですが同期会で同じ問題を抱える方の体験を聞いて参考になることもあります。来年は今まで一度も参加して いない方もどうぞお気軽に参加されます様、お目にかかれるのを楽しみにしています。 当日の様子は、下記のホームページで見られるようにしています。雰囲気だけでも、味わってみては、いかがでしょうか? http://picasaweb.google.co.jp/takeda563/_2010_06_05?authkey=Gv1sRgCOS-rqzQ28-rLw#

武田
2010/6/5
21期生卒業40周年同期会開催
写真をクリックすると拡大します

 6月5日(土曜日)pm2:00より新宿三井ビル54F
三井クラブにて21期生卒業40周年の同期会を行いました。
十数年ぶりの集まりと、名簿作成の怠りから手配が心配されましたが、ほば八割には 何らかの連絡がつきました。

 


当日は47名の参加者と来賓の先生 茂木良太先生、新 妻俊次先生、大川武夫先生、林(池田)恭子先生と結構大勢の参加者で賑わいまし た。

 

校歌斉唱も行ったのですが、緑陰ふかしと、秩父の山並みどちらが校歌でしたっ け?先生かたは次の同期会(学士会館)に参加するということで、2次会3次会には 参加されませんでしたが、11時過ぎまで40名前後が楽しんで参りました。

トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.