泉旺同窓会 東京学芸大学教育学部附属大泉中学校
トップページ同窓会ニュース同窓会レポート学校の近況幹事会便り諸手続き・規約
大泉今昔掲示板リンク校歌・校章役員・幹事名簿過去のページ

過去のページ----同期会レポート  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

22 23 24 25 26 27 28

2013/4/20
34期卒業30周年同期会

写真をクリックすると拡大します

日時:平成25年4月20日(土曜日)
一次会:吉祥寺第一ホテル 15:00~17:00
二次会:蔵 17:30~20:30

我々34期生は、中学卒業30周年を記念して同期会を開催しました。3年2組担任の金岩美代子先生をお迎えして、遠方は京都、名古屋、八丈島から、一次会43名、二次会からの参加者も合わせると51名の方にご参加いただきました。また「六度法」の講演のためご参加いただけなかった3組担任の富澤敏彦先生からは、講演先の広島からメッセージをいただきました。久しぶりの再会という点においては3年前の小学校卒業30周年同期会ほどのインパクトはありませんでしたが、前回参加できなかった方や、中学からの同窓生にも数多くご参加いただき、一次会は近況報告だけであっという間に終わってしまいました。二次会でやっと腰を落ち着けて語り合って盛り上がり、中締めの後も金岩先生を含め約3/4の方々が残られ、その後三次会・四次会は午前2時前まで続いたようです。
今後は小学校・中学校合同の同期会を定期的に行いたいと思いますので、同期の皆様よろしくお願いいたします。最後になりましたが、担任の先生方の連絡先等々、泉旺同窓会のご支援に感謝いたします。ありがとうございました。

幹事代表 笠神康平
2013/2/2
8期の同期会

写真をクリックすると拡大します 

 2013年2月2日(土)、担任だった中西晃先生をお迎えして、外苑前の「インディゴ」という店で1年ぶりの同期会を行ないました。参加者は先生を入れて20名と、ちょっと少なめでしたが、その分お互いにいろいろなお話しをすることが出来ました。


 中西先生も昨年少し体調を崩された時期もあったそうですが、大変お元気で、84歳とは思えないほどお若く、まるで同期生のようでした。私どもの担任の先生で、今御存命の先生は中西先生だけですが、当時お世話になった何人かの先生にもお声がけをしております。昨年の同期会に来ていただいた茂木先生は、同期会にご出席後体調を崩され、昨年6月にお亡くなりになり、この日、皆で黙祷をささげました。


 私ども同期の皆さんは、昨年の同期会から今日まで、重篤な病気になった人もいないようで、無事干支の72歳を迎えられそうです。
今回は、女性がたったの4人しか出席されなかったのが、少し寂しかったですが、お互いの元気なお顔を見て、また来年の再会を誓う2時間あまりの会でした。
 同窓会から同期会に御援助をいただきましたので、通信連絡費などに当てることができ、大変助かりました。ありがとうございました。

8期同期会幹事 辻田代史雄、飛永洋子

2013/1/14
59期同期会

写真をクリックすると拡大します

日時1月14日
場所 新宿 
店名 BARU&DINING GOHAN
時間 19時~22時

1月14日、私たち59期生は成人を迎え、同窓会を開催しました。天気はあいにくの大雪で、電車が止まってしまうほどでした。人が集まるか始まる前まで不安でしたが、80名近くの仲間が集まってくれました。会が始まり少し話し始めると、大人になった59期生の中にも昔の面影をすぐに見つけることができ、思い出話で盛り上がりました。気づけばあっという間の3時間で、会が終わってもなかなか思い出話を終わらせられず、会場に残って話している仲間もたくさんいました。また、担任の先生方にはビデオレターを通してメッセージをいただき、懐かしい先生方の語り口と変わらない姿に、59期生から大きな歓声があがっていました。今回の同窓会で特にうれしかったのは、多くの人が偏りなくたくさんの仲間たちと話している光景を見ることができたことです。これを機にさらに附属大泉中の輪が広がっていってほしいと願っています。最後になりましたが、今回同窓会を開催するにあたって協力してくださった先生方、泉旺会のみなさま、そしてなにより参加してくれた仲間たちへの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
2012/12/27
「会おう3」(附小48期、附中41期同期会)
日時:2012年12月27日(木) 19:00~
場所:かこいや 池袋東口店
出席者:19名 (男子9名、女子10名)

 ある生徒の呼びかけで、一昨年、Facebookに小中を通した同期グループが作られ、いまやメンバーが41人になりました。
 そして、Facebookでの日常のやり取りを通じて、みんなの「会いたい」という気持ちが高まり、卒業から実に22年ぶりの昨年2月に第1回目の「会おう」が開かれました。その後、8月の「会おう2」を経て、今回「会おう3~まったりほっこり~」を開く運びとなりました。
 回を追う毎に出席者の数も増え、年末で、忘年会シーズンの忙しい時期にもかかわらず、19名が集まりました。仕事終わりのスーツ姿で駆けつけた男子に女子が思わぬ盛り上がりを見せる場面も。
 仕事や家族の話題はもちろん、やはり学生時代の思い出で盛り上がり、同じことでも覚えていなかったり、記憶が違ったりと、白熱する場面も見られました。
 2次会で場所を変える予定でしたが、出席希望者が当初の想定以上に多く、結局同じお店で時間を延長して約4時間。語りに語り、大いに笑い、あっという間に過ぎてしまいました。
 「じゃあ、会おう4は花見にしよう!」と次回の約束をしっかりして別れました。回の4日後、出席者のひとりから「次は誰と会えるかな~とか、終わったばっかなのに、もう次を楽しみにしちゃってる」とFacebookにポストがありました。年に2、3回のペースで今後も続きそうです。

報告者 杉本理子
2012/11/17
16期同期会

写真をクリックすると拡大します

2012年ロンドンオリンピックの熱気も薄れてきた11月17日土曜日、16期の同期会が、浜松町の世界貿易センタービル39階、東京會舘レストランレインボーで行われました。
あいにくの雨でしたが、受付が用意できるとすぐに、相沢先生達がにこやかな笑顔で現れました。その後も同期会常連さんは慣れた調子で、久し振りの人はちょっと照れくさそうな顔で入ってきました。
開始時刻の17時にはほとんどの人が集まり、軽やかな長谷幹事の司会で、曽根原幹事長の開会の辞と物故者報告、黙とうに続き、相沢先生のご挨拶。昔と変わらぬダンディぶり、もう85歳になられたとのことですが、4年前よりもお元気に話されました。塩崎幹事の音頭で、乾杯をした後、食事をしながら賑やかな歓談が始まりました。


一瞬、誰だったか分からない気がした人も、名札や顔を見ている内に昔の面影が戻ってきます。まじめな顔で話していたのに、「孫がね…」と言い始めると急に表情が緩み、この顔で「ジージ」と呼ばれているのだな、と微笑ましくなる人も…。親の介護で大変な人も、この時ばかりは中学生時代に戻りはしゃいで昔の思い出に話が弾みます。
食事が一段落したところで、今回の幹事が開催した上野の花見、還暦同期会の報告に続き、野村幹事から同窓会報告。同窓会から同期会に2万円の援助が出るという話には、みな大喜び。清幹事が先生気分で出席者点呼。「手を挙げて、大きな声で返事をしてね」にみな素直に「ハーイ」。中学時代より素直かな…。


47年ぶり(つまり卒業以来)初参加の人や、海外生活の長かった人、定年退職した人、まだ仕事をしている人…。でも今までよりは時間的にゆとりが出てきそうです。
相沢先生への記念品は、銀座和光で塩崎幹事が選んだ臙脂のシルクの裏側がカシミアのおしゃれなマフラー。ダンディな相沢先生にぴったりです。
最後に新幹事の発表と集合写真で、あっという間に2時間余の同期会は終了しました。相沢先生含めて49名の参加でした。
その後、地下1階のワインコーナーで39名が参加しての二次会。他のお客さんに申し訳ないほど盛り上がって9時半にお開き。
帰りに品川で東海道線を待っていたら、「強風のために運行休止しておりましたが、運転再開いたしました。今しばらくお待ちください」のアナウンスにびっくり。外は大雨と強風だったようです。


今回の幹事は、幹事長が曽根原勉、会計が古川雅一、イベント係が塩崎裕司、清厚二郎、長谷由子、同窓会担当が神谷美喜子、山久保みどり、名簿担当万年幹事の野村純一、記録係の関根恭子でした。(女子は旧姓)

2012/11/10
17期同期会報告

写真をクリックすると拡大します

11月10日(土) 銀座ライオン池袋西口店で17時より、新妻先生、近森先生のご出席をいただき、45名の同期生で開催されました。
前回から6年ぶりでしたが、同期会初参加の方々も多く、二次会も同会場で延長し4時時間にわたる交流の場となりました。両先生のご挨拶に続き皆様より近況報告を中心にお話いただきましたが、中学時代の放課後のような雰囲気で大いに盛り上がりました。
最後は全員で「緑陰深き」「秩父の山なみ」の大合唱で、3年後の65歳時の再会を楽しみにお開きとなりました。

幹事代表 伊東 章
トップページ | 同窓会ニュース | 同期会レポート | 学校の近況 | 幹事会だより | 諸手続き・規約
大泉今昔 | 掲示板 | リンク | 校歌・校章 | 役員・幹事名簿 | 過去のページ



copyright (c)SENOU DOSOKAI all rights reserved.